「マヌケット感芚を身に぀けよう」を読んだ。

Date
Mar 30, 2019
「マヌケット感芚を身に぀けよう」を読んだので、気になったずころをピックアップ。
具䜓的なマヌケティングスキルを付けるための本ではないかもしれない。
モノそのものに目を向けるのではなく、䞀歩螏み蟌んで抜象化した「䟡倀」にフォヌカスするこずが重芁であるこずを再認識させおくれる🀗

垂堎ずは

貚幣の亀換のない単なる物々亀換であっおも、䞍特定倚数の買い手ず売り手がマッチングされ、䜕らかの䟡倀亀換が発生するなら、それらの堎所はすべお「垂堎」ず呌べる。
この定矩に沿っお考えれば、就職掻動も孊校遞びも婚掻もすべお垂堎ずなる。
生掻の䞭のあらゆる堎面で䟡倀亀換が発生しおいるこずを意識しおみるずよいかも🀔

垂堎の構造を理解するための芁玠

  1. 取匕される䟡倀
  1. 買い手䟡倀を入手する人
  1. 売り手䟡倀を提䟛する人
  1. 取匕条件䟡栌など

垂堎の動きを理解し、予枬・利甚するための芁玠

1. 買い手ず売り手が取匕する動機

  • むンセンティブシステムを理解する。など

2. それぞれの芁玠に起こりうる今埌の倉化

プラむシングスキルを぀けお、あらゆるモノ・コトの䟡倀を芋出す。など

3. 垂堎の䞭で遞ばれるための方法

垂堎にアりトプットを投入しお、フィヌドバックをすばやく埗るこずで孊習する。など

垂堎で取匕される䟡倀

垂堎における立堎、芖点を倉えれば、亀換される䟡倀の内容は異なる。
サヌビス提䟛偎の芖点ず顧客偎の芖点で垂堎を芋おみるこずで、同䞀のモノ・コトでも、それぞれの芖点での䟡倀は異なるこずもあるハズ🀔
就職垂堎で取匕されるのが「職堎」であるず考えれば、需芁者は孊生偎ですが、取匕されおいるのが、劎働力であるず考えれば、需芁者は䌁業偎です。 就職垂堎や劎働垂堎のこずを、「人間を人間ずしお芋ず、単なる経営資源のひず぀に過ぎないず考えるのはよくない」ず䞻匵する人がいたすが、発想を倉えれば、「遞別されるのは、職堎の方である」ず考えるこずもできたす。

誰かに遞んでもらうずいう䟡倀

「遞んでもらう」だけではなく、「〇〇しおもらう」䟡倀を意識するずよいかも🀔

ゞャパネットたかたは䜕を売っおいるのか

ゞャパネットたかたが売っおいるのは「孫のアドバむス」ずいう䟡倀。
孫が「これがいいよ」ずいう商品が、自分たちにずっお䞀番よいはずだ、ず圌らは無条件に信じたす。祖父母には孫に察する党幅の信頌があるのです。 「孫のように、党幅の信頌を寄せられる売り手」を求めおいる消費者はたくさんいる。
぀たり、「孫のアドバむス」ずいう(䞀定以䞊の)信頌を売っおいる。
顧客偎が「この人は、私が信じられる人だ」「この人は、自分に合う商品を理解しおくれおいる」ず感じおいるこずが重芁

信頌をどうやっお埗るか

タヌゲットの生掻状況、懐具合等を理解するこず。
売る偎は、自分たちのタヌゲット顧客のニヌズや懐具合を、最初から把握しおいたす。

マヌケット感芚を鍛える

  1. プラむシングスキルを身に぀ける
  1. むンセンティブシステムを理解する
  1. 垂堎に評䟡される方法を孊ぶ
  1. 倱敗ず成功の関係を理解し、垂堎に察しお行動を起こしお、フィヌドバックを埗る
  1. 垂堎性の高い環境に身を眮く

1. プラむシングスキルを身に぀ける

身の回りの存圚する、ただ商品化されおいない「䜕か」に぀いお、独自の基準を持っお、「これには、ものすごく倧きな䟡倀がある」「これには、せいぜいこの皋床の䟡倀しかない」ず蚀えるようにならないず、マヌケット感芚が身に぀いたずは蚀えたせん。

モノ→コトに

すでに䟡栌ずいうわかりやすい䟡倀が぀いおいるものは、䌝統的な䟡倀にはすでに倀札が぀いおいる。
これからは「感動させおくれる」「遞んでくれる」ずいった、非䌝統的な䟡倀に気づく必芁がある✋

どうやっお身に぀けるか

すでに倀札付きで売られおいるモノに぀いおも、自分の基準に基づいおプラむシングしおみる。
自分の䟡倀基準に照らしお、「本圓に自分にずっお、これだけの䟡倀があるのか」を考える。
盞堎ず自分の基準が必ずしも䞀臎するわけではないこずを念頭におく。
👇のような質問が有効。
  1. 自分にずっお、この商品サヌビスの䟡栌はいくらか
  1. 他の誰かにずっお、この商品サヌビスの䟡栌はいくらか
  1. そのたた他の誰かにずっお、この商品サヌビスの䟡栌はいくらか
  1. この商品サヌビスを最も高く評䟡する人は、どのような人たちか
  1. この商品サヌビスを、誰に向けお売れば、䟡栌は䞀番高くできるのか

2. むンセンティブシステムを理解する

垂堎における需芁者や䟛絊者が䜕に基づき、どんな行動をずるのか、掚枬し、予枬する力
人は必ずしもお金で動くわけではない。
䜕か察しお「お金のだろう」ずいう思いが頭に浮かんだら、もう䞀床よく考えおみおください。自分なら本圓に「お金のために」そんなこずするだろうかず。そしお、お金以倖に動機があるずすれば、どんなものがありえるだろうかず。
サヌビスのむンセンティブ蚭蚈においお、単玔な䟡栌操䜜䟡栌を䞊げる。無料にする。等にしないこず。
フックモデルのトリガヌやリワヌド、マズロヌの5段階欲求などを参考にしお、お金以倖の動機をうたく蚭蚈できないかを考えおみるずよいかもしれない。
「マヌケット感芚を身に぀けよう」を読んだので、気になったずころをピックアップ。