人は家を購入すべきか?「世界にひとつしかない 黄金の人生設計」

Date
Apr 18, 2021
家を購入すべきかどうかの部分だけ目を通した程度。
1/
不動産の購入価格が5000万円、それが生み出すお金が年250万円ですから、5%の利回りということになります(250万円 5000万円=5%)。 つまり、太郎さんは不動産を買ったことで年間5%=250万円の利益を得、その利益で年間250万円の家賃を支払っているわけです。
 
2/
「家賃を払うより、金利を払って家を買ったほうが得ですよ」というセールストークに隠された、正確な意味が見えてきます。 おそらくセールスマン自身もまったく理解していないと思いますが、これはじつは、「 自己資金だけで資産運用するより、借金して投資金額を 膨らませたほうが有利ですよ」ということだったのです。
 
3/
レバレッジを利かせた太郎さんは、利回りを1%向上させることによって 50 万円のキャッシュを得ることができます(5000万円×1%= 50 万円)。 一方、レバレッジのない花子さんが1000万円の資金から 50 万円のキャッシュを得ようとしたら、5%の運用利回りを達成しなくてはなりません(1000万円×5%= 50 万円)。  これだけを見ると太郎さんのほうが有利なようですが、もうこんなトリックに引っかかる人はいないでしょう。 利回りが1%下落すれば、太郎さんは花子さんの5倍の、 50 万円のキャッシュを失ってしまうことになるからです。 そのうえ4000万円分の金利支払いは、運用成績に関係なく、冷酷に取り立てられます。 要するに、太郎さんはレバレッジをかけた分だけ、ハイリスク・ハイリターンになったわけです・