2020年にやっていきたいこと。抱負も含めて。
Date
Jan 3, 2020
2020年も例にもよってやっていきたいことを書く残しておく。
2019年はプライベートも仕事は、けっこう充実してた1年だったかもしれない。
仕事では、ここ1年でエンジニアリング以外のことにも挑戦してきて、自分の向いてそうな領域とかがぼんやりと見えてきたような(見えてきてないような)。
プライベートでは、バタバタしてたのがようやく落ち着いてきて、一安心。
2019年は、ぼんやりと道筋が見え始めた1年だった。2020年は、道筋の解像度を上げることにフォーカスしよう。

2020年にやっていきたいことは、こんな感じのテーマで。
  1. キャリアの軸を明確化したい。
  1. 私生活で1つ楽しみを見つけたい。
  1. (引き続き)インプット・アウトプットの習慣をつけたい
  1. 新しいことに(最低)3個は挑戦したい。

1. キャリアの軸を明確化したい。

どうやら、エンジニアのスペシャリストを主戦場にするのはどうやら最適ではない気がしてきた2019年。
エンジニアをどう定義するのか、という話はあると思うが、自分はいわゆる「技術に対して関心があり、技術のスペシャリストとして事業に貢献していく」タイプではない気がする。
また、ディレクターやプロジェクトマネージャーみたいなキャリアも、あまりピンときてない。
(二者択一ではないのだが)マーケットを見る。というよりも、ユーザーを見て、「ユーザー体験を具体化できるスキルを身に着けたい。」
これをどうキャリアに落とし込んでいくのか?
ユーザー体験も考えてられるエンジニアですよー。くらいのテンションでもいいのかもしれないが、どうやらUXエンジニアなる職種が巷には存在するらしい。
もともと技術自体が好きというよりは、サービスが好きで、その設計を考えるのが好きだった。より良い体験を実現するために、これまで培ったエンジニアリングスキルを使いたかった。また、UXデザインもやっていきたかった(ある程度はできるという自信もあった)。 UXエンジニアとは - UX Engineer Meetup登壇後記 -
UXの定義って曖昧で、あまり表立って言いたくないのだが、👆のnoteに書いてある「エンジニアリングを軸としながらデザインの力を掛け合わせ、より良いユーザー体験を実現する人」は、かなりピンとくる。
「イノベーションは、ユーザー体験(デザイン)とマーケティング(ビジネス)のコラボレーションによって生み出される」みたいな内容を本かなにかで見たが、自分はこのユーザー体験側からの寄与できるスキルが欲しい。
もちろんこれから先、マーケティング側からの視点とかも必要なんだろうけど、二兎追う者は一兎も得られないかもしれない。
まずは自分の興味のある領域からやっていくのがよさそう。
焦りつつも着実に。
直近は会社のデザイナーさんからレビューを受けつつ、cocodaで勉強中。
本職のデザイナーになりたいわけではないので、ある程度デザインの原則とかを使いこなせるなるのが直近の目標。
次にプロトタイピングをやったりしてきたいが、今いる会社はデザイナーとエンジニアの境が比較的小さい環境だと思うので、どういう働き方ができるのかはちょっと検討しないといけないかもしれない。
デザインとエンジニアリングの外の領域でもユーザー体験を設計する。という軸に沿ったキャリア設計をしていこう。
(.......とはいえ、あまり具体化できていないので、@sagarayaさんにコンタクトをとって直接話を聞いてみてもいいかもしれない。)

2. 私生活で1つ楽しみを見つけたい。

相変わらず趣味探しは続ける。
最近は散策欲があるので、なにも考えないで歩いたり、なにか考えながら歩いたりしながら、いろいろな所をフラフラ歩いてみたい。
「孤独のグルメ」にハマっているので、散策しつつ腹が減ったら店を探す。みたいな週末も悪くはないかもしれない。
1つ前のnoteにも書いたけど、散歩の時の写真を取るようにしたので、カメラが高性能なスマホを買えたらいいなー。

3.(引き続き)インプット・アウトプットの習慣をつけたい。

インプット面では、読書を引き続き。
ただ、単純なインプットではなく、抽象化を意識しながら進めないと、ほとんど意味がない。
抽象化↔具体化は、苦手分野なので、練習が必要。
(👇の内容にも関連するが、)量とか質は気にしないで、抽象化した内容を確実にアウトプットしたい。
月間2冊程度、年間40冊程度は読もう。
アウトプット面では、noteを定期的に更新したい。
2019年は3ヶ月、週3投稿にチャレンジしてみて、それによって特段変化はなかった。
ただ、アウトプットによる「自分の頭の中をクリアにするため・整理するために、なにかを書く。」ということは一定の効果があるかもしれない。
あと、文章を書くことに対するハードルは随分下がった気がする。
というわけで、2020年も何かを書く。ということは続けようと思う。
  • 仕事のこと
  • 読書のこと(具体化↔抽象化)
  • 趣味のこと
  • 最近考えていること
など、月間2本程度、年間20本程度は更新しよう。
2019年は文章を書く。ということにはだいぶ慣れてきたので、他人が読んでいて役に立つ文章や、楽しい文章を書ければなと。

4.新しいことに(最低)3個は挑戦したい。

今年はいくつかチャレンジしたいことがある。
1つ目は、副業にチャレンジしてみたい。
今の仕事とは違う開発環境とか、リモートワークとか別の事業ドメインで働いてみたい。
2つ目は、自分で企画したサービスを作って、リリースしたい。
「サービスを作る」は、定期的に思ってるけど結局なにもできない。
別に作ったサービスで起業したいとか、そういうのはないが、だれかが使ってくれるサービスを作ってみたい欲はある。
1番最初の「キャリアの軸を明確化したい。」にもつながる話だとは思うので、積極的に取り組みたい。
アイデアを具体化する手段は一通り揃ったぼで、いかにアイデアを生み出すか、がキモになる。
あいかわらず、なにもないところから想起する。というのは苦手。
あと1つはプライペートでなにかある気がするので、いったん保留。

おわりに。

つらつらと書いてみたが、書いただけで満足しがちなので、今年は進捗報告をnoteにアップしたりしてみてもいいかもしれない。
月末、週末に振り返る時間を確実に作ろう。
Toggleを使って、自分の時間をトラッキングしている知人がいるんだけど、その辺もうまく取り込んでいってもいいかもしれない。
まとめると、、、こんな感じ。
  • デザインの勉強がしたい。
  • エンジニアリングを軸としながらデザインの力を掛け合わせ、より良いユーザー体験を実現するためのキャリア設計をしたい。
  • フラフラと歩きたい。
  • カメラが高性能なスマホを買いたい。
  • 月間2冊程度、年間40冊程度は本を読みたい。
  • 月間で2本程度、年間で20本程度はnoteを更新したい。
  • 副業をしてみたい。
  • 自分で企画してサービスを作って、リリースしたい。
  • (プライベートでもう一個なにか挑戦したい。)
全部達成できるとは思ってないが、👆のような軸で2020年を過ごしたい。